2019年07月03日

竹に触れて

今年の竹取物語も、それだけの活動で終わらせたくなかったので
少しですが子ども達が関わったことを紹介します。


【竹を切ったのは、実は子ども達!】
全員が関わるのが難しかったので、朝預かりの子達に協力してもらい
ノコギリを使って切ってもらいました。
きっと見ていた時は簡単だと思ったのでしょうね。
実際やってみると刃が止まってしまったり
力が必要だったりと結構苦戦していたようです。

ケガをしないようにしっかり見ていましたが、
意外と女の子の方が上手だったりしました。


【トゲをなくそう】
竹をパカっと割るのはさすがにボクがやりましたが、
その割った竹の“ささくれ”や角を丸くしてくれたのは
実はみんな子ども達でした。

これも大勢が興味を示しやりたがったのですが、
ボクの身体は1つしかない為、意欲的な子達にお任せしました。

「トゲが刺さると痛いから、キレイにしてね」と
サンドペーパーを渡すと、これまたキレイに仕上げてくれました。

「これなら触っても痛くないね!」と誇らしげでした。
もしかしたら家も建つのではないか…と思いました。


0703-3.jpg



道具は正しく使わなければケガをします。
ケガをしないために正しい使い方を教えていきたいです。
posted by だいのじ at 20:37| 神奈川 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

砂場で流し…?

先日年長組が取ってきてくれた竹を切り詰めたことで
大小さまざまな長さの竹が出ました。

そこで、今回はこれらを2つに割り、
中の節をくりぬいて「流し〇〇」遊びを
展開することにしました。

朝の準備の段階から数名がやすり掛けを手伝ってくれました。


ある年中の男の子が、流しそうめんのように
水のすべり台を作ろうと色々考えていたようでしたが、
思ったようにいかずに四苦八苦していました。
周りにも数名やりたがる子はいましたが、
その男の子の考えについていける子はいなかったので
これが精一杯でした。

0703-1.jpg


その後年少組の水遊びの時間に
作りかけのすべり台を使って「流しそうめん遊び」を展開。
そうめんに見立てたスズランテープを流して遊んでいました。
お皿とフォークを持っています(笑)

0703-2.jpg



今年は本当の流しそうめんやりたいな…
posted by だいのじ at 11:39| 神奈川 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする